麻雀講座

三色と一通?チャンタ系?タンヤオにならない三色の両天秤を紹介

更新日:

三色同順は、一通やチャンタ系など、シュンツ系の手役との相性が非常に良いです。

しかし、多くの方はそれを分かっていません。

もしくは、上手く活かせていません。

私は、タンヤオを上手く活かす方法は、たくさんこのブログで伝えています。

それは、発生頻度が多いからです。

実は、タンヤオにならない三色と何かの両天秤は、タンヤオ絡みに比べれば全然少ないですが、かなり実戦的です。

見落とすのは、痛いです。

さて、実際の牌譜を用いて、説明していきます。



ケース1:三色と一通

この9sを、貴方は鳴けますか?

絶対に鳴くべきです。

三色と一通があるからです。

ダイアグラムとしては、こんな感じです。

三色:7
一通:1
役牌:2

まあ、ほとんど三色なのですが、他の手役も狙えるので、鳴きます。

鳴いた場合に三色だけであれば、リーチの可能性を残して、鳴かない方が良いと思います。

それはそうと、鳴いた時に何を切りますか?

私は、9mを切りました。

瞬間的には、2pが要らないと思います。

しかし、9mは残り1枚で、2pはドラの3pの受けがあります。

この手牌は、ドラを切ってまで頑張る手牌ではないので、ドラを引いた時に形テンを狙えるように、2pを残しました。

ここで、2pを切りました。

6sがトイツになったので、2p以外は役あり聴牌に必要だからです。

4sを取っておく理由は、トイツが増えた時に、5sで聴牌が取れる可能性があるからです。

これで、三色になりました。

ここで、1mを切ってしまう方は、センスが無いです。

単純な手なりをするべき状況なので、南が要らないです。

ドラの3pを引いてしまったので、もう店じまいです。

一応、1mを切りましたが、その後は素直に降りました。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021507gm-00a9-0000-22838497&tw=3
※南1局0本場



ケース2:三色と純チャン

この1mも、鉄鳴きです。

頭の中がリーチで一杯で、鳴けない人が多過ぎます。

冷静に考えてみてください。

こんなの鳴いて、三色と純チャンに向かうべきです。

3sに1sか2sがくっ付いても、89sを落として三色に向かいます。

純チャンは切り捨てます。

打点ではなく、上がる事に意味があります。

また、鳴いた後に4pを切りますが、1p2p3pは出来メンツから食い伸ばしをします。

もちろん、純チャンで上がるためです。

結局は、この形まで進み、この7pでオリました。

別に頑張る手でもないので、1000点や2000点の放銃も、避けるべきです。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021614gm-00a9-0000-9d876b70&tw=0
※南2局0本場



ケース3:三色と役牌

この9mも、鉄鳴きです。

もちろん、三色と役牌です。

鳴いた時に切る牌は、ドラの4sです。

だって、要らないですよね?

オーラスだからではないですよ。

東1局でも、同じように打ちます。

絶好の9p引きです。

三色のターツができました。

役牌を切っていきます。

私は、ダブ南を切りました。

これは、オーラスだからです。

東1局でダブ東だったら、他の役牌の方を切ります。

4pを引いて来て、受けが増えました。

これは嬉しいですね。

この8pも、もちろん鳴きます。

ポンテンできる方が、優秀ですから。

さて、困った事に、フリテンになる5pを、引いて来てしまいました。

ポンテンが出来るとは言え、1枚使っているので、リャンメンの方が優秀だと思いました。

なので、私は8pを切りました。

4p7pが残り5枚とかだったら、5pをツモ切るのですが。

4pを引いて聴牌しました。

上家からリーチが来て、ヒヤヒヤしたのですが、ほっとしました。

そして、この上がりです。

上家は、ツモったら跳満の大物手でした。

こういうかわし手は、本当に大事です。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017022401gm-00a9-0000-35a60a32&tw=0
※南4局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

タンヤオは、非常に有能です。

しかし、そればっかりに目が行っていると、他を見落としがちです。

その良い例が、三色と他の手役の両天秤です。

多くの方が、リーチを目指すような手牌で、いかに合理的に役あり聴牌を目指せるかが大事なゲームです。

配牌から、ダイアグラムを考え続けて、見落としがないように、気を付けましょう。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.