麻雀講座

イーペーコーに騙されるな!どうせ鳴くイーシャンテンに価値はない

更新日:

イーペーコーになりそうなリャンメンの形が手牌にあると、面前にこだわりたくなりますよね。

特に、19牌が絡んでくると、その傾向は強くなります。

しかし、面前で頑張っても、どうせ鳴く形なら最初から鳴いた方が良いです。

それは、仮にイーシャンテンだったとしても同じです。

今回は、そのような例を紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。

東1局2巡目のイーシャンテン

この3mをポンしますか?

東1局2巡目で、イーシャンテンです。

ドラが6mなので、リーチだと2600点以上です。

この3mは、

鉄ポンですよね。

あんな形、面前で頑張っても、7mや8mが出たらどうせ鳴きます。

だったら、最初から鳴いた方が、聴牌率が良いです。

聴牌率が良いと、上がり率も良いですし、放銃率も低くなります。

鳴かない理由はないですよね。

さて、問題は何を切るかです。

4mを切ると、相対的な安全牌として9mを利用できます。

9mを切ると、4mがトイツになったり、横に伸びる事に期待できます。

ここで切るべき牌は、

9mですよね。

なぜなら、4mのトイツや横伸びの可能性もそうですが、ドラの6mをチーした時に9mが切れないからです。

もし、ここで9mがあると、チーしても3sを切る事になります。

そうなると、カン4sの受けをなくしてしまうので、非常に形が悪くなってしまいます。

なので、ここでは9mの鉄切りです。

6pを引いて4mを切った後、4sを引いて聴牌しました。

7mを引いてきました。

立派な1100点の上がりです。

さて、3mをポンしていなかったらどうなっていたのか、確認してみましょう。

2巡後に、2sを引いてリャンメンに変化しています。

しかし、聴牌せずに、対面がツモ切るあの7mをポンしています。

それだったら、あの7mをツモって上がりの方が良いですよね。

これを結果論と見るかどうかは、あなた次第です。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019021815gm-0029-0000-75ba8a4b&tw=2
※東1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例としては、このような物があります。

「ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「麻雀・鉄押しの条件 ―3人の天鳳位が出す究極の結論―」「ゼロ秒思考の麻雀」「ネット麻雀完全対応! 強者の最新手筋100」

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2019/11/3現在なので、加入される前に、目当ての本があるか確認してください。

まとめ

イーペーコーは、一見高そうに見えますが、実は1ハンです。

面前にこだわる理由にはなりません。

むしろ、トイツが2つ以上あるという事なので、それらをポン材にする事を考えましょう。

どうせ鳴く事になる場合が多いです。

仮に、それがイーシャンテンだとしてもです。

月額課金note

月額500円で、私が考えた何切る問題が、毎週届きます。

課金中は、それまでのアーカイブを、全て見る事ができます。

公式YouTubeチャンネル

動画で、ダイアグラム麻雀を勉強する事ができます。

説明欄とコメント欄で、私の思考について、解説しています。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.