麻雀講座

誰かが飛びそうな時でも面前聴牌したら普通にリーチをするべき

誰かが飛びそうな時に、変にダマにする人っていますよね。

しかし、それはほとんど場合で、非常に損をします。

もちろん、普通にダマにするべき手であれば、ダマで良いです。

しかし、リーチしてツモって裏が乗ればトップになれるのに、ダマでツモって2着止まりとかは、最悪です。

また、自分がトップ目でも、飛びそうな人以外から安いダマで上がるのも、非常に悪い選択です。

なので、いつも通り、普通にリーチをするべきです。

今回は、この事を牌譜を使って説明します。



この配牌で、ダイアグラムを考えてみてください。

チャンタ系:7
リーチ:3

私は、こんな感じです。

2種類しか、現実的に見れていません。

しかし、非常に第一打に悩みました。

実は、チャンタ系とリーチは、非常に相性が悪いからです。

まあ、普通に考えれば分かりますよね。



今回の手牌では、チャンタ系の方が配分が大きいので、6pか5sを切る事にしました。

そして、一応ピンズの一通になる可能性もあるので、5sから切りました。

もちろん、チャンタ系で鳴けるところは、全て鳴くつもりです。

ただし、1mポンだけは、止めておこうと思います。

早速、6s引きで裏目ったところで、絶好のペン7sを引いて来ました。

また、ここで少し悩みます。

なぜなら、リーチも行けそうになったからです。

また、南が2枚切れなので、ここでは南を切る事にしました。

そして、何故か面前のまま、イーシャンテンになりました。

これは、結構想定外です。

普通は、どこかしら鳴けるからです。

もちろん、この状況になっても、9mと1pは鳴きます。

すると、なんと面前聴牌してしまいました。

ここで、ダマにしてしまう人が非常に多い!

これは、点棒を持っている2人から出上がりした場合、2900点しかないので、絶対にリーチするべきです。

ツモ、対面からの出上がりで、ゲームは終わります。

しかし、2900点を上がって、ゲームが続行した場合は、まくられる可能性は十分あります。

ここはリーチをして、続行してしまった時にまくられる可能性を、できるだけ下げておくべきです。

そして、下家から出上がりました。

裏は乗らずに、5800点でした。

しかし、非常に大きな上がりです。

それにしても、下家は何故9mを切ったのでしょうか?

私が下家だったら、ここで12000点を放銃したりしたら、ラスになる可能性が現実的に出てくるので、絶対にベタオリします。

実際に、手牌を見てみましょう。

カン7mの2600点の聴牌です。

着順を上げたいのであれば、リーチをするのが、一般的です。

3着で良いのであれば、私がリーチをしているので、ベタオリするのが、一般的です。

色んなプレイヤーがいますね。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017011304gm-00a9-0000-189625ec&tw=1
※南2局1本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

誰かが飛びそうな時でも、普段通りにリーチをしましょう。

ダマで点棒を持っている人から上がっても、次局以降にまくられる可能性を上げるだけです。

できるだけ、まくられるリスクを下げましょう。

ダマで、見逃しのかなりセンスがないですよ。

なぜなら、この局でハネツモなどでまくられる可能性があるからです。

普通に打つ事が大事です。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5