麻雀講座

リャンメン×2のイーシャンテン時に雀頭が無くなるポンはすべきか?

更新日:

リャンメンが2つあるイーシャンテンで、雀頭をポンできる時に、ポンをするべきか?

これは、結構悩ましい事です。

私も結構悩みます。

しかし、たいていの場合は、鳴きます。

まず、大前提として、片方が愚形であれば、ほとんど鳴きます。

さて、どういう事を基準に、鳴くか判断するのかを説明します。



まずは、これです。

・ターツがトイツにある可能性が高いか

ターツが4種類とも残り3枚の場合、ほぼ絶対鳴きます。

残り枚数の平均値が、2枚以上だったら、ほとんど鳴きます。

これが、2枚未満だった場合、次の判断基準に移ります。

・上家が切る可能性が高いか

例えば、上家がソーズの染め手の場合、ピンズとマンズのリャンメンなら、結構鳴けそうですよね。

あと、早い段階で切っている牌のまたぎとか。

また、ターツ4種類の中にドラがある時は、積極的に鳴いた方が良いです。

では、逆に鳴いたらまずいというか、迷ったら鳴かなくても良い状況を、いくつか挙げます。

・巡目が深くて他家の共通安牌
・放銃したくない相手が切った時
・自分がダントツトップ目のラス前
・複数件の仕掛けが入っていて他家が怖い時

まあ、鳴けなくても悪くない形なので、こういう時は鳴かなくても良いです。

さて、牌譜を用いて具体的に説明します。



ケース1:リャンメンと三面チャン

リャンメンと三面チャンで、しかも三面チャンの方にドラ受けがあります。

ただし、三面チャンなので、面前にしてしまう方がいます。

これは、絶対に鳴くべきです。

カンは入っていますが、というか自分でしていますが、他家の捨て牌が全く怖くないので。

鳴いた後に、7sを引いて来てしまいました。

本当は、ソーズで雀頭を作りたかったですが、しょうがないです。

すると、さらに7sを引いて、三面チャン聴牌になります。

これは、嬉しい聴牌です。

そして、上がる事ができました。

上家も、4s7sが欲しかったんですね。

まあ、結果論ですが、この手牌なら自分の都合でポンしないといけないです。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021412gm-00a9-0000-0c0376ac&tw=0
※南2局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

雀頭が無くなるポンは、上級者の中でも、議論になる事が多いです。

そして、鳴かない方が推奨される結論になる印象があります。

しかし、麻雀というゲームは、山との闘いです。

鳴いた方が、ちょっとでも聴牌巡目が早くなるなら、基本的に鳴いた方が良いです。

まれに、鳴かない方が良いというか、鳴かなくても良いくらいの状況はあります。

今回の判断基準は、少し曖昧なので、「迷ったら鳴いて良い」という事を最後にお伝えします。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.