麻雀講座

2メンツ以上ある面前にしてしまいそうな手牌で鳴くケースを紹介

更新日:

2メンツ以上ある手牌って、普通は面前でリーチを目指しますよね。

しかし、私の場合は、2メンツくらいじゃ、それほど面前を意識しません。

3メンツ以上とか、2メンツでなおかつ鳴くと手役が無くなる場合とか、そうなると結構リーチを目指しますけどね。

今回伝えたい事は、ちょっと手牌が良いからと言って、面前固定の考え方は損なので、考え直すべきという事です。

特に、配牌で2メンツあると、何も鳴かずに、面前に一直線という方は、非常に多いです。

それは、本当に危険な考え方です。

もっと、好配牌と思うためのハードルを、上げてください。

それでは、牌譜を用いて説明します。



ケース1:2メンツでタンヤオの可能性

この手牌で、この8mを鳴かない人が多すぎます。

これ、いわゆる鉄鳴きですよ?

赤5pを引いて来ましたよ。

ラッキーですが、まあ結果論です。

8pを引いて来ました。

もちろん、7mを切ります。

何かもったいない気がするかもしれませんが、気にしてはいけません。

4sを引いて、聴牌しました。

2000点の聴牌ですが、立派な聴牌です。

もう一度言いますが、もったいないと思ってはいけません。

面前だと、平均的に聴牌巡目は遅くなります。

胸を張りましょう。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021512gm-00a9-0000-5e7dea01&tw=1
※東1局0本場



ケース2:2メンツのイーシャンテンで食い伸ばし

この2pも、鉄鳴きですね。

4pも鳴きます。

というか、6pも2s5sも3s4sも鳴きます。

8mも鳴きます。

ドラ2pなので、2334pの形は高く評価できるからです。

イーシャンテンと言っても、聴牌の受け入れ枚数は、少ないですし。

まあ、ドラが絡んでいない場合は、4pと8mは鳴かないですね。

あと、ピンズの食い伸ばし以外から鳴いて、最終的に233478pになった場合、3pを切ってフリテンのペン6pの聴牌に取ります。

フリテンでも、役あり聴牌は取るべきです。

3sを引いたので、7pを切ります。

かなり良い牌を引きましたね。

この2sも、鉄鳴きですね。

最終的には、この結末です。

下家に、上がられてしまいました。

余る可能性のある4sが、当たり牌でした。

しかし、それは結果論です。

今回のケースも、鉄鳴きです。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021512gm-00a9-0000-5e7dea01&tw=1
※南1局3本場

ケース3:2メンツと三色とタンヤオ

この2mは、鉄鳴きですね。

というか、タンヤオで鳴ける牌は、全て鳴くべきです。

2mを鳴く場合、三色のイーシャンテンです。

しかし、それでは受け入れが少ないので、2mを鳴いた後でもタンヤオで全鳴きです。

6pを引いて来ました。

これで、タンヤオの可能性が、さらに高まりました。

7を引いて来ました。

三色の可能性を見切るかの分岐点です。

まあ、先ほど言ったように、三色は受け入れが少ないので、当然の1s切りです。

三色は要らないというか、最終的になったとしても結果論です。

8pを引いて、聴牌しました。

この後は、適当に待ちを変えていけば、まともな待ちになるでしょう。

面前にこだわるのも、目に見える三色にこだわるのも良くない例でした。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021610gm-00a9-0000-e3ed55b0&tw=2
※東4局1本場



ケース4:メンタンピン三色のイーシャンテン

この8sは、鳴きたくないですよね。

リャンメンと三面チャンですよ!

メンタンピン三色のイーシャンテンですよ!

いや、これは鉄鳴きです。

面前だと、いつ聴牌するんですか?これ。

絶対に、鳴くべきです。

私は実際に鳴いて、こんな結果になりました。

立派な2000点の上がりです。

胸を張りましょう。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021507gm-00a9-0000-22838497&tw=3
※東2局0本場

ケース5:タンヤオで連続形を残す食い伸ばし

この8mも鉄鳴きです。

なぜなら、こんなのタンヤオでしか上がれないからです。

しかも、連続形が残るので、喜んで鳴きます。

この3mも鉄鳴きです。

「4mなら鳴く!」とか言う人は、全くセンスの欠片もないので、その人の言う事は聞かない方が良いですよ。

この9mは切ってはいけないです。

上家はホンイツの可能性が非常に高いですからね。

ここでは4sを切りました。

マンズを使い切ってケイテンが取れれば上出来です。

上家の手牌は、こんな感じでした。

やはり、マンズのホンイツでしたね。

まあ、誰でもわかりますね。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017042211gm-00a9-0000-df60bce8&tw=1
※東1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

多くの方は、面前に異様な魅力を感じてしまっています。

それは、局収支が高くなるからです。

なぜ、高くなるのでしょうか?

それは、多くの方がリーチに対して適切な対処ができていないからです。

すぐに降りてしまうんですよね。

なぜ、降りてしまうのでしょうか?

面前にこだわっているから、押し返せる状態になっていないんですよね。

あとは、打点が高くないと押し返せないと思っているんですよ。

なので、皆が皆、誰が最初にリーチを打てるかのレースをしている状態です。

くだらないですね。

このブログを読んで、安手で良いから、鳴いて上がりに向かえるようになって欲しいです。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.