麻雀講座

オーラスに親だからと言って聴牌率が悪い逆転手を狙うべきではない

オーラスの親番で負けている時は、大物手で一発逆転を狙いたくなります。

しかし、それは頭が悪い考え方です。

まあ、聴牌率が悪くない場合は、それでも良いのですが、大概は聴牌率は悪いです。

聴牌率が悪くない場合とは、メンタンピンのイーシャンテンとかです。

それでは、実際の牌譜で説明します。



チャンタ三色のリャンシャンテン

まず点数状況を見てください。

オーラスの親番で、3着目です。

という事は、ラス目が逆転手をツモったら捲られます。

ラス目がリーチをしたり、危ない仕掛けをしたら、2着目の下家は降ります。

トップ目の上家は、マンガンまでなら差し込む可能性もあります。

という事は、一刻を争う非常にピンチな状況です。

ここは、普段以上に強引にでも鳴いて、安くても連荘を目指すべきです。

しかも、1500点でも上がれば、次局に4000点オールでトップになります。



では、実際に手牌を見てみましょう。

おっ!

チャンタ三色のリャンシャンテンだ!

これを面前で聴牌すれば、一発逆転サヨナラホームランだ!

と、テンションが上がる前に、ちょっと冷静に考えてみてください。

チャンタ三色なんて、聴牌率が異様に悪いです。

そんなのを狙うべき状況は、ほとんどないです。

この手牌であれば、鳴いて三色で十分です。

切るべき牌は、6mか6pです。

私は気分で6pを切りました。

上家が西を切りました。

鉄ポンですよね。

1500点で良いんですから。

実際にも、もちろん鳴いて6mを切りました。

3sを残す理由は、3sをチーしたり、他のターツが薄くなった時の保険のためです。

ドラの赤5sを引いて来ました。

と言っても、大して使い道がありません。

とりあえず、重なりを期待して3sを切りました。

5sではないですが、7sがトイツになりました。

三色の雀頭ができました。

名残惜しいですが、チャンタの聴牌もあるので、赤5sを切りました。

3pを引いて聴牌しました!

嬉しい!

「たかが1500点、されど1500点」という奴ですよ!

はい、地獄です。

ラス目の対面からリーチが入りました。

まあ、ほぼ最後までゼンツです。

終盤で当たり牌が限定されていたら、押さない事もたまにありますが。

はい、終了のお知らせです。

いや、裏ドラ期待なので、まだわからない!

生き残りました!

最速の上がりを目指しても、こうやってラス目が上がる事があります。

なので、気を緩めず、このような状況では最速聴牌を目指しましょう。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017093000gm-0029-0000-12096de4&tw=3
※南4局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

一発逆転って格好良いですよね。

気持ち良いですよね。

でも、一度冷静になってみてください。

それが最善手でしょうか?

もちろん、エンジョイ勢として麻雀に取り組む場合は、それでも良いと思います。

しかし、本当に強くなるためには、上がりを優先した方が良い状況が多いのが、麻雀というゲームです。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5