麻雀講座

三色と一通と役牌狙いでとりあえず鳴いてドラのトイツを使い切る

更新日:

三色と一通は、ダイアグラム的に非常に相性が良いです。

それに、役牌の可能性が加わると、ほとんどの手牌で鳴く事になります。

さらに、ドラがトイツであれば、他家の仕掛けもある程度無視できます。

最初から手役が明確に見えていないと、安全に面前で進めたくなります。

しかし、三色、一通、役牌の可能性があるなら、勇気を出して鳴くべきです。

そんな手牌を、実際の牌譜で説明します。



三色と一通と役牌が狙えてドラがトイツ

ダイアグラムを考えてみてください。

私は、だいたいこんな感じです。

三色:4
一通:3
役牌:2
タンヤオ:1

1m以外のマンズや6sが鳴ければ、タンヤオに向かえるので、一応タンヤオも入っています。

1m、3s、9sは、上記のタンヤオ以外の手役狙いで、鳴くべきです。

つまり、この配牌は鳴けるところは全て鳴くべき手牌です。

珍しいですね。

7pを引いて来ました。

さて、何を切りますか?

この手牌だと、タンヤオの可能性が増えてきました。

また、リーチの可能性も出てきました。

なので、役牌ですが1枚の孤立牌にこだわると、グダグダになりそうなので、白を切るべきです。

実際にも、白を切りました。

三色も一通も狙える9sです。

当然、鳴きます。

2pを引いたので、役は三色に決まりました。

当然、5sを切ります。

当然、この1mも鳴きます。

嬉しいのかどうかよくわからないドラを引いて来ました。

先にドラを切って、安全そうな北を取っておきたくなります。

しかし、それは駄目です。

形テンもありますし、海底などで上がれる可能性もあります。

北を切るべきです。

実際にも、北を切りました。

対面からリーチを受けてピンチになったところで、一発目で1pが切られました。

当然鳴いて聴牌を取ります。

対面のリーチには、1s、4s、赤5p、6pは押さないです。

これら以外は、全部切ります。

対面が3sをツモ切りました。

嬉しい3900点の上がりです。

嬉しいですが、手順的には難しいところは一つもありませんでした。

それでは、答え合わせをしましょう。

対面がリーチ宣言をする直前の手牌です。

1s4sが入り目で、待ちとしてピンズの2p5pが残りました。

私は、ピンズに関しては、赤5pと6p以外は切る予定でした。

なので、2pか5pを引いて来たら、放銃しています。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017101217gm-0029-0000-ae5a2ea1&tw=2
※東2局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

今回の例は、非常に初歩的な話です。

ダイアグラム麻雀の序論のような例です。

しかし、ほとんどの麻雀打ちは、面前でリーチを打ちに来ます。

面前は打点が高くなる傾向はありますが、頼り過ぎは禁物です。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.