麻雀講座

残り6枚以下のリャンメンはリャンメンではないので鳴くべき

更新日:

私は、「リャンチー」という言葉が大っ嫌いです。

あたかもリャンメンで鳴く事がいけないかのような言い方だからです。

リャンメンは、それ以上変化しないので、早目に損切りしないといけないです。

具体的に言うと、残り6枚以下にのリャンメンは、ほぼ愚形と同じです。

なので、例えイーシャンテンであっても、手役があるのであれば、それをスルーしたら残り6枚以下になる場合は、積極的に鳴きましょう。

そのターツの相方が、この条件に当てはまる場合でも、鳴きましょう。

具体的な例がないと、たぶん意味不明なので、実際の牌譜で説明します。

リャンメン×2のイーシャンテン

この6pを鳴きますか?

リャンメン×2のイーシャンテンです。

「面前でリーチしてやる!」と鼻息を荒くしている人は、麻雀に向いていないです。

両方のターツの残り枚数を数えてみてください。

まず、3p6pは、これをスルーしてしまうと残り6枚です。

相方の4m7mは、現状で残り6枚です。

つまり両方とも、残り6枚です。

こんなの愚形×2とあんまり変わらないです。

發はもちろん鳴きますが、両方ともリャンメンで鳴くべきです。

なので、この6pは鉄鳴きです。

実際に鳴いて、3mを切りました。

これが3pだったら、345の三色を見て、鳴いて6mを切ります。

4mだったら、同じ理由で、35mで鳴きます。

もし、今回の6pがスルーして残り7枚でも、相方の4m7mが残り6枚以下であれば、鳴くべきです。

“そのターツの相方が、この条件に当てはまる場合でも、鳴きましょう。”と最初に書いたのは、そういう事です。

何を切りますか?

發を切ってタンヤオに向かうのも悪くないですが、7sを切るべきです。

切った瞬間に役あり聴牌で、發を鳴くとフリテン解消して良形聴牌できるからです。

これで3sを切れば、優秀な最終形になります。

と思ったら、すぐに下家にツモられてしまいました。

確かに早そうだったので、納得の上がりです。

さて、答え合わせをしましょう。

6pを鳴くかどうかの分岐点です。

残り枚数を数えてみましょう。

3p6p:4枚
4m7m:3枚

だからどうしたって事はないです。

別に今回の結果では、何も論じる事ができません。

山に何枚あるかは、ほとんど運なので、考えてもしょうがないです。

とにかく残り6枚以下のリャンメンは、イーシャンテンで役ありなら、積極的に鳴きましょう。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017093000gm-0029-0000-12096de4&tw=3
※東1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例としては、このような物があります。

「ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~」「ネット麻雀完全対応! 強者の最新手筋100」「「統計学」のマージャン戦術」「日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法」「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」「ゼロ秒思考の麻雀」

Mリーガーの本も豊富です。

「麻雀の失敗学(朝倉康心)」「多井熱」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「Mリーグ選手名鑑」

また、こういう物もあります。

「小島武夫 ミスター麻雀のすべて」「40年間勝ち組を続ける男 荒正義直伝・麻雀サバキの神髄」「仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2019/7/31現在なので、加入される前に、目当ての本があるか確認してください。

まとめ

麻雀は、めくり合うゲームではありません。

他家よりも早く聴牌をして、追いつかれたら無理をしてはいけません。

そのためには、リャンメンを神聖化しない事です。

ほとんど打ち手は、神聖化してしまっています。

残り枚数が少ないリャンメンは、愚形と大して変わらないです。

積極的に鳴いて、現実的な聴牌を目指しましょう。

天鳳のお供に

ネスレ「ネスカフェ バリスタi[アイ]」という家庭用コーヒーマシンです。このマシンでは、次の6種類のコーヒーを作る事ができます。「エスプレッソ」「ブラック」「ブラック(マグサイズ)」「カプチーノ」「カフェラテ」「アイスコーヒー」。これは、無料レンタルサービスなので、約8,000円を払って購入する必要がありません。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.