麻雀講座

リーチに対して安牌がなければ一発を消して相対的な安牌を切るべき

リーチを受けて一発目に降りたい時に、安牌が無い時にどうしていますか?

多くの人は、「安牌を引いてくれ!」と神頼みして、ツモ山に手を伸ばしてしまいます。

しかし、安牌を引かなかったら、非常に危険じゃないですか?

どの牌も放銃する可能性があって、放銃した場合は一発が付いてしまいます。

それだったら、一発を消せるなら消して、相対的な安牌を切った方が良いですよという話です。

それでは、実際の牌譜で説明します。



トップ目でとにかく降りたい

断トツトップ目で、上家からリーチを受けました。

安牌は無いです。

しかし、死ぬほど降りたいです。

そんな時に唯一の救いが、「一発消しができる」という事です。

仮に、一発を消して放銃しても、5200点くらいで済んでくれたらありがたいです。

なので、この4sを鳴いて、筋の7mを切るべきです。

さすがに、7sはモロ引っ掛けの可能性があるので、7mの方が安全です。

35sで鳴いて、7mを切りました。

単純に、2sと5sの危険度の比較で、より危険な5sを使って鳴きました。

負けている状況では、23sで鳴いて、9mか1pを切る場合もあります。

9mと1pの比較で、1pを切りました。

マンズのブロックの上の可能性が大きいので、1pの方を切りました。

これは、そんなに根拠ないので、9mでも良いかもしれません。

下家が、7pで放銃してしまいました。

飛んで終了です。

非常に助かりました。

それでは、答え合わせをしましょう。

リーチを受けた一発目です。

山に手を伸ばしても、安牌の發でした。

これは結果論なので、やはり一発消しをした方が良いです。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017100110gm-0029-0000-d371e078&tw=0
※南3局2本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

最近は、「一発消しは頑張らない方が良い」という考え方が、何故か主流になってきています。

しかし、それは明らかに間違いです。

今回のケースは、トップ目でどうしても降りたい時の話ですが、別に東1局でも、よほど戦える形でなければ、積極的に一発を消すべきです。

頑張った方が良いんですよ。

頑張らなくて良いという人は、局収支という概念をイマイチ理解していないのでしょう。

リーチを受けた段階で、一発消しができるなんて、幸せな事なんですよ。

その幸せに気づいていない。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5