麻雀講座

オーラス跳ツモ条件で困ったら最初から全力でチートイツを狙うべき

更新日:

オーラスで、逆転したい時に手が入らないと困りますよね。

マンツモ条件なら、適当に最速リーチを目指せば、なんとかなる事が多いです。

しかし、跳ツモ条件の場合、困る事が多いです。

と言っても、赤ありの麻雀であれば、タンピンとか三色とかを狙えば、意外と手は作れます。

しかし、ドラも赤も全然無い糞みたいな配牌だと、赤無しと同じように困ります。

そんな時は、最初から全力でチートイツを狙った方が良いというお話です。

それでは、実際の牌譜で説明します。



完全オーラスで跳ツモ条件

“完全オーラス”とは、この局が絶対に最終局という意味です。

さて、まず点数状況を確認しましょう。

上家に、跳満は放銃できないです。

しかし、トップ目なので、こちらが先手を取れば、それほどその確率は高くないでしょう。

下家と対面には、リー棒を出しても、跳満の放銃でラスになる事はありません。

なので、上家の攻めには無理をせず、跳ツモを狙うべき状況です。

天鳳だからと言って、トップを狙わなくて良いという事はありません。



さて、配牌を見てみましょう。

なんですか、この配牌は。

麻雀に神様がいるとか、完全に嘘だろ。

こんなドラも赤も無くて、タンピンも無理で、ドラ絡みの三色も狙えない糞手では、最初からチートイツを狙いましょう。

しかも、全力で!

これが大事です。

中途半端にメンツを狙っても、この手牌では無理です。

なので、1m切りです。

なんやかんやで、イーシャンテンになって、1pがアンコになりました。

しかし、北はもう枯れています。

跳ツモで十分なので、この1pはツモ切りです。

西は2枚切れで、ションパイの6sを引いて来ました。

山に居る枚数の期待値は、6sの方が上だと思います。

しかし、下家と対面がリーチしてきたら、西を切ってダマにしたいので、西を取っておきます。

さすがにリー棒を出してしまうと、満貫放銃と跳ツモで3着に落ちてしまうので、それは避けたいです。

聴牌しました。

さて、どちらを切るべきしょう?

残り枚数は同じです。

5pの場合、赤を一発か海底でツモれば、裏ドラに期待せずに逆転できます。

しかし、2pの方が山には居そうです。

私は、5pを切りました。

はい、お疲れ様です。

唯一の救いは、赤ではない事です。

と思ったら、すぐに2pをツモりました。

裏が乗ればトップです。

はい、ありがとうございます。

麻雀には神様がいました。

これからもお世話になります。

それでは、答え合わせをしましょう。

6sをツモったところです。

やはり、西よりも6sの方が、山に多くありました。

5pと2pは、枚数は同じですが、赤は対面の手牌にあります。

ただそれだけです。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017100306gm-0029-0000-e5d3dced&tw=0
※南4局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

着順に下がりにくい時には、逆転手を考える事が大事です。

跳ツモ条件だからと言って、すぐに諦めてはいけません。

天鳳だからと言って、2着で満足してはいけません。

ベストを尽くしましょう。

しかし、無理は禁物です。

中盤以降は、2着→3着に落ちる可能性を、十分ケアしましょう。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.