麻雀講座

オーラスでトップの可能性が低い時は上がり易さにこだわるべき

更新日:

一般的な麻雀では、オーラスでは一つでも着順を上げる事を考えます。

トップが取れるなら、その可能性を最大限追います。

3→2着でも、普通は狙います。

しかし、天鳳では4着のペナルティが非常に大きいので、3→2着のために無理をするべきではありません。

3→1着なら、狙っても悪くはないです。

今回は、トップの可能性が低い時の2着と3着時に、上がり易さにこだわる事を説明します。



3着で鳴いた方が上がり易い

オーラスの子です。

この7pは鉄鳴きですよね?

面前で聴牌しても、トップは取れないですからね。

マンガンをツモれば、2着にはなれます。

しかし、その確率も低いですので、無理をしてはいけない状況です。

これで、マンガンをツモればトップになれるのなら、ポンはしなくても良いです。

でも、チーはします。

そして、3sを引いて聴牌しました。

すぐに2mが出ました。

1000点の上がりですが、これでラス回避が成功です。

ここで無理をすると、対面に放銃したり、下家が倍満をツモったりと、マイナスな事だらけです。

プラスが低いなら、マイナスを徹底的に排除する事が大事です。

7pを鳴いた時の山を見てみましょう。

鳴かなくても面前聴牌していますが、そんな事結果論です。

100回やって100回鳴きましょう。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017042211gm-00a9-0000-1f8abb1d&tw=1
※南4局1本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

面前は打点はありますが、上がり易さはそれほど高くないです。

オーラスで上がる事にこだわるべき状況では、常に仕掛けを考えましょう。

特にポン材に注目しましょう。

リーチを打つよりも、タンヤオの聴牌のために19牌を切って、223や778の残したりする事も考えましょう。

ラスは本当に痛いですよ。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.