麻雀講座

チートイのイーシャンテンだからと言ってチーしてはいけないルールはない

チートイのイーシャンテンって、基本的に鳴かない人が多いですよね。

しかし、役牌がトイツの場合で、割と序盤であれば、鳴く人も多いと思います。

しかし、なぜかチーをする人は、ほとんど見た事がないです。

私の場合は日常茶飯事なのですが、どうやら皆さんは、そういう選択に気づいてないようです。

なので、今回はチートイのイーシャンテンでチーをするべき例を紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。



5トイツで役牌がトイツ

この1pをチーしますか?

チートイのイーシャンテンで、ドラの8pと赤5pがトイツではないです。

鳴いた場合は、イーシャンテンからリャンシャンテンになります。

しかも、打点は6400点以上から2000点以下に下がります。

この1pは、

鉄チーですよね。

チートイは聴牌率が悪いので、他の手役があるならシカトするべきです。

今回は發という役牌がトイツなので、単なる役牌バックの3シャンテンに、私は見えます。

なので、鳴いてリャンシャンテンにするのは、当然ですよね。

すると、上家から7pが切られました。

これは、赤56pと68pのどちらで鳴くか、ちょっと迷います。

対面がドラの8pを切って、ポンが入らなかったので、こちらを選びました。

赤5pをポンされたり、赤5pで放銃する方がリスクが大きいですから。

下家に奇跡的な8p単騎の役あり聴牌が入っていたら、ガッカリしましょう。

2mを引いてきたので、当然6pを切りました。

対面から發が切られました。

当然鳴いて、2mを切って聴牌を取りました。

すると、上家から1mが切られました。

貴重な2000点の上がりです。

さて、最初の1pをチーしていなかったらどうなっていたのかを確認してみましょう。

そんな事より、なぜ対面はリーチをしていないのでしょうか?

まず、前前巡のドラの8p単騎の段階で、即リーをするべきです。

親番ですし、いくら点棒を稼いでも、稼ぎ過ぎる事はありません。

また、前巡の發単騎でも即リーするべきです。

リーチをすれば、次の次の巡目で対面の人が、發のトイツ落としで12000点の放銃をして、マウスを投げていると思います。

その事は分かります。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019020919gm-0029-0000-9f152779&tw=3
※南2局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

先入観って恐いですよね。

チートイのイーシャンテンだと、鳴いてはいけないように感じてしまいます。

トイツになっていないドラや赤があれば、なおさらです。

しかし、もっと頭を柔軟にしてください。

そうすれば、今回の手牌も、単なる役牌バックの3シャンテンに見えますから。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5