麻雀講座

他家が聴牌していそうな時は手変わりを待ちたくても即リーするべき

納得できない形で面前聴牌した時は、手変わりを待ちたくなる事は多いです。

ほとんど聴牌即リーをする私ですら、実際には手変わりを待ちたくなる事はあります。

しかも、実際に手変わりを待つ場合もあります。

しかし、他家に聴牌が入っている可能性が高い場合は、ほとんど即リーするべきです。

もちろん、最初から勝負にならない手では、押さなかったり、切る牌が安牌だったら、切ってダマの場合もあります。

これは、状況的に上がりたい場合の話です。

実際の牌譜を用いて、説明します。



他家が仕掛けで聴牌の可能性が高い

この手牌でリーチしたいと思いますか?

さすがに、待ちが単騎待ちだし、一通とドラソバのマンズの5mのくっ付きがあるので、手変わりを待ちたいです。

しかし、下家の仕掛けを見てください。

聴牌率が非常に高く、ほぼソーズ待ちです。

また、自分は親番なので、非常に上がりたいです。

こんな状況では、手変わりを待っても、下家の上がり率が上がるだけなので、即リーするべきです。

実際に、即リーしました。

もちろん、上がるためにリーチをしているので、危険ですが3s切りリーチです。

すると、上家から9sが切られました。

たった2000点かもしれないですが、非常に価値のある上がりです。

胸を張りましょう。

さて、下家が聴牌していたかどうかを確認してみましょう。

2s5s待ちで聴牌でしたね。

3sは非常に危険牌でした。

ただそれだけです。

次に、下家がどんな形から9sを切ったのか確認しましょう。

まあ、9sが一番安全そうですね。

しかも、かなり通りそうです。

お気の毒に。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019011922gm-0029-0000-6ac4ce38&tw=0
※東1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本(各種)」「福地本(各種)」「世界最強麻雀AI Suphxの衝撃」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀手役大全」「ゼロ秒思考の麻雀」「絶対にラスを引かない麻雀 ~ラス回避35の技術~(平澤元気)」「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義(ゆうせー)」「麻雀麒麟児の一打 鉄鳴き(堀内正人)

Mリーグ関係の本も、豊富です。

必勝!麻雀実戦対局問題集(多井隆晴)」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋伸洋)」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「麻雀 逆境の凌ぎ方(萩原聖人)」「麻雀 だから君は負けるんです(堀慎吾)」「現代麻雀の絶対手順(内川幸太郎)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀」「仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2021/2/25現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

多くの方は、「この形は絶対手変わり待ち!」みたいな固定概念を持ってしまっています。

今回の例でも、9sを切ってダマにしてしまう方が、ほとんどだと思います。

しかし、今回のように親番だったり、子で負けている状況など、上がりたい時は、即リーするべきです。

今回の例で、もし自分が子だった場合は、9s切りダマでも良いと思います。

臨機応変な麻雀が打てるようになりましょう。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5