麻雀講座

完全イーシャンテンは何巡目まで面前で頑張るべき?

聴牌が遠い時は、ほとんど鳴く事が正解ですが、聴牌が近い時は、話が変わってきます。

その中でも、一番悩む状況は、いわゆる完全イーシャンテンの時です。

できるだけ面前で進めたい気持ちはありますが、何巡目まで面前で頑張るべきか?

さらに、片上がりの時はどうか?

平和が付く可能性がある時はどうか?

3メンチャンの時はどうか?

親の時と子の時で違うか?

などなど、様々な悩みどころもあります。

この記事では、これらの悩みに答えたいと思います。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。



子で3メンチャン含みの平和形

下家が切った6pを鳴くべきでしょうか?

まず、点数状況的に、打点が欲しい状況ではありません。

子です。

面前だと、平和が付く可能性が高いです。

イーペーコーも付くかもしれません。

もしかしたら、メンタンピンイーペーコーになるかもしれません。

また、3メンチャンを含んでいて、その3メンチャンの方を処理する形になります。

6巡目です。

この6pを鳴くべきでしょうか?

鉄鳴きですよね。

点数状況的に、負けている時以外、子の場合は、ほとんど全て鳴くべきです。

3メンチャンとか関係ないです。

2s5sでも、鉄鳴きです。

平和とかイーペーコーとかも関係ないです。

ダブリーチャンス以外は、全鳴きです。

また、今回のケースだと、親でも鳴きます。

実は、親でも鳴く場合が、非常に多いです。

すると、すぐに下家から5sが切られました。

立派な1000点の上がりです。

さて、面前で頑張っていたらどうなっていたのか、確認してみましょう。

6pをツモって面前聴牌し、雀頭の6mが裏ドラとして乗っていますね。

良かったですね。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019012913gm-0029-0000-ba32e24f&tw=3
※南1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

面前が大好きな人は、完全イーシャンテンだと、面前で頑張り過ぎてしまいます。

しかし、面前で頑張り過ぎると、大きなマイナスの脅威も迫って来ます。

欲張らず、できるだけ手堅い聴牌を取る事が、勝ちへの近道です。

麻雀が一人でやるゲームであれば、ずっと面前でも良いんですけどね。

そういうゲームではないですからね。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5