麻雀講座

自分でカンしまくってリーチを受けたとしても責任を取る必要はない

リアルの麻雀をやっていると、「責任を取れ」と言われたり、ため息や呆れた表情で圧力をかけられる時があります。

よくあるのが、自分が他家にたくさん鳴かせたり、カンをした時です。

そういう時に、上がりを諦めてオリると、「そういう事をするなら自分で上がり切れ」と考えて、そのような事をしてしまうようです。

私の場合は気にしませんが、それを気にしてしまう方もいます。

最悪の場合、それを真に受けて、本当に責任を取るためにゼンツする方もいます。

この記事では、そういう方が少しでもいなくなるように、自分でカンしまくったのにリーチを受けてオリるべき状況を紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。



自分で2回カンして3件リーチ

南場で、南家なので、この東は、

鉄ポンですよね。

トイトイと役牌バックがありますからね。

その後、順調に手が進み、こんな上がれそうな形になり、対面から2pが切られました。

役牌が簡単に出てきそうにもないですし、他家からリーチも来そうなので、この2pは、

鉄カンですよね。

字牌が4枚もあるので、オリる事は容易ですよね。

カンをすれば、むしろ役牌でも切って、リーチを目指しますよね。

なので、鉄カンです。

すると、対面からリーチが入りました。

しかも、鳴きたかった發を切ってのです。

リーチの場合は、ドラが4種類もありますし、自分の打点は1300点ですし、切る牌は4sでも5sでも危険牌なので、この發は、

鉄ポンなのですが、問題は、4sと5sのどちらを切るかです。

打点が高いのは4s切りですが、上がり易いのは5s切りです。

点数状況的に負けているわけではないので、上がり易さ重視で、5sを切りました。

負けている状況だったら、4sを切るかもしれません。

すでにリーチが入っているので、この發は、

鉄カンですよね。

リンシャンで上がれるかもしれないですし、いざとなったら西を切れば良いので。

すると、2件リーチになりました。

3件リーチになりました。

この9sは押すべきでしょうか?

上家には現物で、下家はツモ切りリーチなので、放銃しそうなのは対面だけです。

また、全員に共通の安牌もないので、むしろ一番安全な牌にも見えます。

なので、この9sは、

鉄押しなのですが、問題は、この5pです。

この5pは押すべきでしょうか?

下家には、捨て牌的に通りそうで、対面にも、シャンポン以外は通りそうです。

問題は、上家に対して押せるかです。

最終手出しが6pで、その前の8mも2mも押しています。

また、親番なので、素直に聴牌即リーを目指して、余った6pに見えます。

つまり、6pが待ちに関係している可能性が、通常よりも高くなっています。

なので、この5pは、

鉄オリですよね。

私だって、オリる事はたくさんあります。

何も考えずに、押しているわけではありません。

すると、下家がツモりました。

役満との事です。

おめでとうございます。

ご自身で作りあげた役満です。

私には、全く責任はございません。

さて、あの5pが放銃していたのか、確認してみましょう。

放銃していましたね。

やはり、聴牌即リーで、6pが待ちの関連牌でした。

2pが全部見えているので、カン3pが存在しないです。

なので、6pのまたぎ筋が、特に危険な状況でした。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019020514gm-0029-0000-0624cc1a&tw=1
※南1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

取る必要もないのに、「責任を取れ」という事で圧力をかけるのは、本当に酷い話です。

それで、完全に間違ったゼンツ麻雀が体に染みついてしまった人も、たくさんいると思います。

それこそ、「責任を取れ」という話です。

私は、人を救いたい気持ちで、このブログを作っています。

この記事を読んで、その呪縛から解放される方が少しでもいれば、幸いです。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5