麻雀講座

タンヤオで上がれそうな手牌は聴牌まで19牌を見るべきではない

更新日:

この記事は、麻雀をある程度やり込んでいる人には、受け入れられないかもしれません。

しかし、今回の話は、ダイアグラム麻雀において、非常に大事な事です。

どういう内容かと言いますと、タンヤオで上がれそうな手牌では、19牌を無視して、タンヤオ牌を鳴いていくべきという事です。

面前だと、リャンメン×2のイーシャンテンでも、受け入れ枚数は16枚しかないです。

思っているよりも、聴牌できないんですよね。

しかも、テンションが上がっているから、結構粘ってしまう。

他家の仕掛けに、危ないと思っていても、イーシャンテンで押してしまったりします。

そうなってしまう前に、タンヤオでサクッと上がるべきです。

具体的な手牌を見ないとピンと来ないと思うので、実際の牌譜を用いて説明します。

ケース1:リャンメンとカンチャンのイーシャンテン

この7mを鳴きますか?

もちろん、鉄鳴きです。

まず、聴牌率が非常に悪いです。

あと、6sがドラなので、7sを切りたくないです。

上家に放銃するかもしれませんし、下家に鳴かれるかもしれません。

7sにくっつけば、打点も上がるので、面前にこだわるメリットは、思っているよりもないですよ。

鳴いた後すぐに、下家からリーチがかかりました。

でも、6pと8pは通りそうです。

強引に鳴いても、意外と安牌はあるんですよ。

2mは危険牌なので、もちろん切らないです。

安全牌の6pを切ります。

ドラの6sを引きました。

なんか上がれそうな感じになってきました。

もちろん、8pを切ります。

下家の捨て牌に、3mが切られました。

この3mは鳴いてはいけないです。

ドラの6sが出ていく形になり易いですし、安牌が無くなります。

しかも、2mは危険牌です。

すると、何故か上家から絶好の4pが切られました。

もちろん鳴いて、聴牌を取ります。

すると、すぐに下家から出上がりできました。

気持ちが良い上がりです。

しかも、5800点はかなり大きいです。

大事な事は、クイタンのメリットは、危険な牌を吸収しながら、打点が高くなっていく場合がある事です。

多くの方は、「鳴くと危険だ!」とか「打点が安い!」と言ったりします。

しかし、このように意外と安牌はありますし、打点が上がる事もあります。

しかも、危険なドラやドラソバを切らないで、上手く聴牌を組めたりします。

麻雀には、柔軟さが大事ですよ。

さて、先ほどの手牌の答え合わせをしましょう。

まず、上家が4pを切った時には、36mのマンガン聴牌でした。

まあ、聴牌しないと4pなんか出ないと思いますが。

4pを鳴かないで、3mを切っていったら放銃でしたね。

まあ、こうなったら聴牌を取らない人はいないと思いますが。

次に、下家のリーチですが、14s待ちのリャンメンでした。

まあ、普通ですね。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017011303gm-00a9-0000-345c22fa&tw=0
※東1局0本場

ケース2:リャンメン×2のイーシャンテン

この手牌だと、面前固定として考えている方が、ほとんどです。

しかし、リャンメン×2でも聴牌率は悪いので、ここは鳴いてタンヤオを考えるべきです。

なので、ここは6sを切るべきです。

念願の5mが、上家から切られました。

もちろん、鉄鳴きですね。

下家から8sが切られました。

もちろん鳴いて聴牌です。

そして、6pをサクッと引いて来て、上がりました。

500点オールの上がりです。

安いですか?

いいえ、もう一回親番をできるんです。

立派な上がりです。

面前でも、一発か裏がないと、大した手ではないです。

それよりも、上がりが大事なのです。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017021614gm-00a9-0000-9d876b70&tw=0
※南1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例としては、このような物があります。

「ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~」「ネット麻雀完全対応! 強者の最新手筋100」「「統計学」のマージャン戦術」「日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法」「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」「ゼロ秒思考の麻雀」

Mリーガーの本も豊富です。

「麻雀の失敗学(朝倉康心)」「多井熱」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「Mリーグ選手名鑑」

また、こういう物もあります。

「小島武夫 ミスター麻雀のすべて」「40年間勝ち組を続ける男 荒正義直伝・麻雀サバキの神髄」「仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2019/7/31現在なので、加入される前に、目当ての本があるか確認してください。

まとめ

多くの方が、面前でイーシャンテンだと、「これは絶対に面前!」と決めてしまう方が多いです。

しかし、仮にリャンメンとリャンメンのイーシャンテンでも、かなり聴牌する確率は低いです。

なので、常に仕掛けも考えて、ダイアグラムを考えるべきです。

特にクイタンは、危険な牌を吸収して、押し返せる意外なメリットがあります。

天鳳のお供に

ネスレ「ネスカフェ バリスタi[アイ]」という家庭用コーヒーマシンです。このマシンでは、次の6種類のコーヒーを作る事ができます。「エスプレッソ」「ブラック」「ブラック(マグサイズ)」「カプチーノ」「カフェラテ」「アイスコーヒー」。これは、無料レンタルサービスなので、約8,000円を払って購入する必要がありません。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.