ダイアグラム麻雀

初心者でもすぐに強くなれる戦術

ドラの役牌の孤立牌がある時は何も考えずにトイツをポンするべき

   

手牌に、役牌の孤立牌が2種類以上ある時は、それらをトイツとして考えて基本的に問題ないです。

しかし、面前で聴牌できそうな時や、他の手役も狙えそうな時など、それらをトイツと考えて、鳴いて行くべきか悩んでしまう手牌もあります。

そんな手牌の中でも、ドラの役牌の孤立牌が存在する場合は、何も考えずにポンはして良いです。

なぜかと言いますと、ポンの場合は、トイトイの可能性が残るからです。

この記事では、そのような考えでポンをした例を紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。

リャンメン複合ターツをポン

上家が切った5pをポンしますか?

役牌の孤立牌が2種類あり、片方がドラです。

1メンツあり、2段目の後半には面前聴牌できそうです。

この5pは、

鉄ポンですよね。

トイトイと役牌バックがありますから。

ちなみに、役牌の北が手牌になくても、ドラの中があるだけで、鉄ポンです。

その後、役牌の北と中を切らないようにして、この手牌になりました。

この赤5pをカンしますか?

鉄カンですよね。

ここで、嬉しい3sを引いてきました。

トイトイの材料として利用できます。

さて、何を切りますか?

候補としては、6sか北です。

北を切りました。

ドラの中を、できるだけ使い切れるようにしました。

下家から西が切られました。

この西をポンしますか?

ポンをすると、ドラの役牌バックのイーシャンテンになります。

また、トイトイの聴牌にも近づきます。

しかし、安牌はなくなります。

この西は、

鉄ポンですよね。

トイトイも狙えて、ドラの役牌バックのイーシャンテンになるのに、鳴かない理由がないです。

トイトイのイーシャンテンになりました。

これは、2s切りで満場一致ですよね。

実際に、2sを切りました。

対面が切った8sは、鉄ポンですよね。

トイトイで聴牌しました。

すると、上家からリーチを受けて、一発目にポンしている8sを引いてきました。

上家に対して、危険牌です。

一発目にカンをして放銃すると、一発とチャンカンが付いてしまいます。

この8sは、

鉄カンですよね。

こんなのめくり合いなので、一回でもツモ番を増やすべきです。

すると、すぐに下家から3sが切られました。

見事な6400点の上がりです。

さて、最初の5pをポンした時に、ポンをしなかったらどうなっていたのかを確認してみましょう。

よく分からないです。

裏ドラをポンしてしまった事は分かります。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019020520gm-0029-0000-ce984ab9&tw=2
※東4局0本場

まとめ

ドラの役牌の孤立牌があれば、基本的に鳴く事を考えましょう。

鳴くべきかを多少悩んだ場合は、チーをしない選択肢もあります。

しかし、悩んだのであれば、ポンはするべきです。

例え、どんなに形が悪くても、チーさえしなければ、少なくともトイトイは消えませんから。



「Mリーグ」を見るなら

「AbemaTV」が見放題

「BIGLOBEモバイル」という格安SIMです。「エンタメフリー」(月額480円)というオプションで、「AbemaTV」を見た時のデータ通信量がカウントされません。つまり、移動中でも「Mリーグ」を見放題になります。他にも、「YouTube」や主要な音楽聴き放題サービスも、その対象になります。

「動画全般」が見放題

スマホ会社を変えたくない方には、「WiMAX」がお薦めです。「WiMAX」は、モバイルWi-Fiルーターです。月額3,620円で、「AbemaTV」「YouTube」などが、見放題になります。月内に利用できる通信容量に上限はありませんが、「直近3日間3GB制限」はあります。しかし、この制限を受けている時でも、動画は快適に見れるので、困る事はありません。私も「WiMAX」を使って、「YouTube」などを見ながら「天鳳」をプレイしています。お薦めの端末は、「WX05(NEC)」です。ほとんど違いはありませんが、「W06(HUAWEI)」よりも電池が約2時間長持ちするからです。お薦めのプランは、「ギガ放題(3年)」です。このプラン以外だと、月間で7GBを使用した段階で、死ぬほど遅くなります。お薦めの特典は、A(月額料金大幅値引き)です。割引額はほとんど変わらず、B(キャッシュバック)だと、貰い忘れがあるからです。

 - ダイアグラム麻雀