麻雀講座

役牌の孤立牌が2種類以上ある時はそれらをトイツ以上として考えるべき

更新日:

役牌の孤立牌がいくつかある時に、それらを適当に切って、面前聴牌を目指す方が多いです。

確かに、手牌が良い時や、タンヤオなど他の手役が狙える時などは、それで良いと思います。

しかし、手牌が微妙で、他の手役が狙えない時は、役牌を切るべきではないです。

まあ、これくらいの事であれば、中級者以上の方であれば、「そんな事わかってるよ」と思うかもしれません。

しかし、私が言いたい事は、「その役牌の孤立群をトイツ以上と見なして、役牌バックで鳴いて行くべき」という事です。

これを出来る人は、ほとんど見かけません。

実際の牌譜を用いて、説明します。



役牌の孤立牌が3種類

この配牌で、どんなダイアグラムを想像しますか?

リーチ:6
役牌:3
タンヤオ:1

多くの方が、こんな感じになってしまうと思います。

しかし、私の場合はこんな感じになります。

リーチ:1
役牌:7
タンヤオ:2

ほぼ、役牌になると思います。

まず、面前聴牌はかなり遠いです。

タンヤオも、1のトイツが2種類もあるので、難しいです。

それらに対して、役牌の孤立牌は、3種類もあります。

これらを一つの群と考えて、それをトイツ以上と考えて、役牌バックやアンコの感覚で鳴いて行きます。

実際に、こんな牌が対面から切られました。

この1pを、貴方は鳴けますか?

えっ!?鳴けない?

いや、鳴けるようになってください。

私は、実際に鳴いて、オタ風の西を切りました。

そして、6sを引いて来ました。

何を切りますか?

候補としては、素直に3mか6m、一枚切れの白か北の4種類です。

役牌の孤立群をトイツ以上に考えるべきという事を言ったので、3mか6mの2択のように考えるのが自然です。

しかし、1sと6sのシャンポンが鳴きにくいので、聴牌率自体が結構悪いです。

なので、手牌の役牌2種類がションパイであれば、他の役牌の孤立牌をリストラしても良いです。

ションパイの役牌2種類が、最低ラインなので、それを担保できれば、聴牌率を優先するのもありという事です。



しかし、今回は3種類のうち、2種類が一枚切れなので、役牌の孤立を残すべきです。

つまり、3mか6mを切るべきです。

実際には、6mを切りました。

6mを選んだ理由は、大した事ではないです。

今後の相対的な安牌として、3mを残しただけです。

すると、念願の白がトイツになりました。

もちろん、北を切りました。

そして、6sを引いて聴牌しました。

もちろん、南を切りました。

すると、対面から白が切られました。

1300点の上がりです。

安いですが、貴重な上がりです。

一見、かなり強引に見えますが、意外と聴牌できるものです。

しかも、安牌も持っているので、意外と安全です。

さて、対面はトップですが、どんな手牌から白を切ったのか、見てみましょう。

受け気味に手を進めていましたが、なぜか役牌の孤立牌を持っていました。

そして、少しやる気が出てしまって、役牌を切ってしまったようです。

孤立牌からの役牌バックの可能性もあるので、こういう時は一枚切れの役牌を、さっさと切っておくべきです。

私は、結構そういうところにも危機感があるので、そうしています。

幸いにも、今回の私の手は1300点でしたが、ドラがアンコでも同じ挙動をしています。

こんなくだらない手牌で、トップ目からマンガン放銃したら、バカみたいですよね。

自分がやるなら、相手もやる可能性がある事を考慮しましょう。

そして、上家は、なんと4pでマンガンのダマテンです。

もちろん、リーチが来たら、私はベタオリします。

こういう仕掛けは、守備もばっちりなので、是非みなさん真似してください。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017012613gm-00a9-0000-1fb0f17a&tw=1
※南3局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

多くの方は、何も考えずに、役牌を切ってリーチを目指してしまいます。

もちろん、面前聴牌が期待できれば良いのですが、無理な場合は仕掛けを考えるべきです。

と言っても、役牌がトイツになってからでは遅いです。

役牌の孤立群を、役牌のトイツ以上に見える訓練を積みましょう。

そうすれば、今回のような仕掛けは、当たり前のようにできます。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.