麻雀講座

他家に高打点の仕掛けを確定させたとしても責任を取る必要はない

更新日:

リアルの麻雀をやっていると、「責任を取れ」と言われたり、ため息や呆れた表情で圧力をかけられる時があります。

よくあるのが、自分が他家に高打点の仕掛けを確定させたり、カンをした時です。

そういう時に、上がりを諦めてオリると、「そういう事をするなら自分で上がり切れ」と考えて、そのような事をしてしまうようです。

私の場合は気にしませんが、それを気にしてしまう方もいます。

最悪の場合、それを真に受けて、本当に責任を取るためにゼンツする方もいます。

この記事では、そういう方が少しでもいなくなるように、自分が他家に高打点の仕掛けを確定させたのにオリるべき状況を紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。

三色同刻が見えている

この1pを切りますか?

対面に1の三色同刻が見えています。

これを切って鳴かれると、三色同刻が確定します。

ラス前で、自分は断トツのトップ目です。

対面は、点数状況的に一番のライバルです。

この1pは、

鉄切りですよね。

対面は、三色同刻が見えていますが、他にもいくらでも手役はあります。

トイトイかもしれないし、チャンタかもしれないし、役牌かもしれません。

もしかすると、1pと役牌を浮かせている、イーシャンテンかもしれません。

トップ目とはいえ、この巡目でこの牌を切らない選択肢はないです。

鉄鳴きですよね。

そりゃあ、手牌に1pがあったらポンしますよね。

さて、2pを引いてきました。

基本的にオリる事を考えますが、まだ生牌が多過ぎます。

また、ホンローや清老頭の可能性もあるため、19字牌以外はまだ切ります。

ここでは、両脇からのリーチに備えて、2pよりも危険な8sを切りました。

9mを引いてきました。

もうこれ以上は押さないです。

2pは通っているので、2pを切りました。

5mを引いてきました。

もうイーシャンテンを崩さざるを得ない状況です。

8mを切りました。

すると、上家から6mが切られました。

この6mは、

鉄鳴きですが、問題は何を切るかです。

白を切れば、役牌バックの聴牌です。

しかし、対面には通ってないです。

放銃したら、満貫以上あり、跳満の可能性も低くないです。

この白は、

切らないで、9mのトイツ落としですよね。

さすがに、この状況で白を切る人はいませんよ。

白を使い切っての聴牌を、安全に目指すべき状況です。

すると、上家からリーチが入りました。

これは好都合です。

自分がトップを取るためには、対面が満ツモをしても捲られない点数状況で、オーラスを迎える事が大事です。

ラス前の現状では、対面の満貫以上のツモと跳満以上の出上がりが起こって欲しくないです。

このリーチによって、横移動の確率が上がりますし、上家がツモってもほぼトップなので、都合が良いです。

ただし、この生牌の北が、対面に通ったらの話です。

通りました。

これで、私のトップ率が上がりました。

引いてきた8sは、かなり通りそうですが、放銃したらバカバカしいので、7pを切りました。

5mを引いてきました。

上家には通りそうですが、対面には危険牌なので、形を崩して5pを切りました。

すると、上家がツモりました。

役満との事です。

おめでとうございます。

ご自身で作りあげた役満です。

私には、全く責任はございません。

さて、対面が何待ちだったのか、確認してみましょう。

そんな事より、皆さんが気になっている事は、「なぜ、789mがあるのに、678pで鳴いていて、2巡目に9pが切られているのか?」ですよね。

お答えします。

実は、發がトイツという事で、ダイアグラムを考える事を怠ってしまいました。

ここで切るべき牌は、1sですよね。

789の三色が狙えるからです。

ここで、1sを切っていると、対面がポンをします。

奇跡的に、どちらにせよ、私も対面も8pを引いてきます。

しかし、9sは上家ではなく、下家が引く事になります。

つまり、あの役満は出ていませんでした。

前言撤回します。

上家の役満に関しては、私に責任がございます。

トップを取りこぼすという形で、責任を取らせていただきました。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019021516gm-0029-0000-f56eae12&tw=2
※南3局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例としては、このような物があります。

「ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~」「ネット麻雀完全対応! 強者の最新手筋100」「「統計学」のマージャン戦術」「日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法」「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」「ゼロ秒思考の麻雀」

Mリーガーの本も豊富です。

「麻雀の失敗学(朝倉康心)」「多井熱」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「Mリーグ選手名鑑」

また、こういう物もあります。

「小島武夫 ミスター麻雀のすべて」「40年間勝ち組を続ける男 荒正義直伝・麻雀サバキの神髄」「仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2019/7/31現在なので、加入される前に、目当ての本があるか確認してください。

まとめ

タラレバの話はさておき、今回のように、対面に三色同刻を確定させたとしても、責任を取る必要はありません。

対面に放銃すると、トップ率は非常に悪くなるので、オリて良いのです。

それで圧力をかけられても、気にしてはいけません。

仮に役満をツモられても、気にしてはいけません。

天鳳のお供に

ネスレ「ネスカフェ バリスタi[アイ]」という家庭用コーヒーマシンです。このマシンでは、次の6種類のコーヒーを作る事ができます。「エスプレッソ」「ブラック」「ブラック(マグサイズ)」「カプチーノ」「カフェラテ」「アイスコーヒー」。これは、無料レンタルサービスなので、約8,000円を払って購入する必要がありません。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.