麻雀講座

マンガンが確定するなら出来メンツからでもドラポンしていくべき

面前聴牌が近い時に、出来メンツからポンしていく事って、抵抗がありますよね?

しかし、それがドラでマンガン確定する場合、少し悩まれる方も多いと思います。

どういう状況か、言葉では非常にわかりにくいと思うので、さっそく牌譜を用いて説明します。

この配牌で、どこなら鳴きますか?

發は、もちろんだと思います。

1p4p、2s5sのチーも、当然だと思います。



これら以外で、2sもポンすべきという事が、今回の本題です。

すると、なんと親の第一打がこの牌でした。

ドラの2sです。

この牌をスルーすると、実はマンガンが確定しないのです。

最終的に、2s5sにこだわれば、マンガンは確定します。

しかし、その場合は聴牌巡目が遅くなりますし、この待ちは警戒されるので、上がりにくいです。

なので、聴牌しても2sを切って、上がり易い待ちの3900点の聴牌にするでしょう。

そのような未来が予想されるので、この面前聴牌も見込める形でも、ドラの2sをポンするべきなのです。

私は、実際にポンをして、6pを切りました。

7pなら、西を切っています。

なぜなら、34sのターツを他のターツに替えたいからです。

そのためには、3~7の牌は取っておきたいです。

しかし、ピンズはすでに23pのターツがあるので、5pの場合は二度受けになってしまいます。

なので、役牌の西の方が優先度が高いと判断し、ここでは6pを切りました。

7mを引きました。

先ほど言ったように、この牌は取っておきたいので、西を切りました。

すると、上家から發が切られました。

これは、ラッキーです。

もちろん鳴いて、7mを切りました。

そして、2pを引いて、3pを切って聴牌しました。

なんだかんだ言って、聴牌できるものです。

そして、すぐに下家から、5sが切られました。

マンガンの上がりです。

多くの方は、3900点の上がりか、マンガンの聴牌止まりです。

非常に価値のある上がりです。

さて、全員が私に、結果として有益な打牌をしてくれました。

どんな手牌だったか、見てみましょう。

対面は、上の三色で、ドラの2sは使えない形でした。

上家は、タンピン形だったので、早目に發を処理したようです。

下家は、名誉のために、ノーコメントにしておきましょう。

本来は、私に対して、徹底的にベタオリすべき手牌です。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017012613gm-00a9-0000-1fb0f17a&tw=1
※東1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

面前聴牌できそうだったり、役牌がトイツの場合、無理に鳴きたくないと思ってしまいます。

特に、ドラを強引にポンすると、警戒されてしまいそうで、鳴けない人が多いです。

しかし、それでマンガン確定するなら、鳴いた方が良いです。

相手が強ければ強いほど、意外と自分都合で、役牌が鳴けたりします。

考えすぎると、聴牌が遅くなって、勝ちきれませんよ。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5