麻雀講座

ターツが足りていない一通を見逃すな!タンヤオ頼りはヌルいです

ダイアグラム麻雀では、タンヤオの可能性を高めに考える事が多いです。

タンヤオは、非常に使い勝手の良い手役だからです。

どんな手牌でも聴牌できる可能性が高く、危険な牌を吸収できるからです。

もし、手役を擬人化する事ができるのであれば、絶対にタンヤオと結婚します。

しかし、そんな私でも「この手牌でタンヤオに頼るのはヌルい!」と思う場合があります。

今回は、そんな例を紹介します。



一通orタンヤオ

状況としては、オーラスのトップ目で、何でも良いので上がりたいです。

では、手牌についてです。

まずは、ダイアグラムを考えてみましょう。

私は、だいたいこんな感じです。

タンヤオ:4
一通:3
リーチ:2
役牌:1

この段階では、結構タンヤオを高めに見ています。

問題は、この2pを鳴くべきかどうかという事です。

答えは、鉄鳴きです。

理由は、一通が狙えるからです。

先ほどのダイアグラムでも、一通は3割もありました。

これをスルーして、タンヤオに頼りたくなる気持ちもあります。

しかし、それはヌルいです。

聴牌速度が一番大事です。

明らかに鳴いた方が速いですよね。

だから、鉄鳴きなのです。

ちなみに、オーラスだからではなく、東一局でも鉄鳴きです。

また、役牌の可能性が無くても、鉄鳴きです。

鉄鳴きです。



ちょっと難しいのは、これが2pではなく、7pだった場合です。

これだったら68pで鳴いて、タンヤオと役牌と三色(234or345)を狙うのもありです。

私は、東一局でも今回のようなオーラスでも、68pで鳴くと思います。

しかし、下家に満貫を放銃できるオーラスなら、89pで鳴きます。

この辺は、難しいところです。

この7pは、89pの一択です。

当たり前ですが。

これで、一通と役牌の両天秤です。

無駄にドラ3です。

上家のリーチを受けましたが、ちょうど一通で聴牌しました。

しかも、現張りです。

何でも押します。

下家から赤5pが切られました。

最速最強とは私の事です。

これがダイアグラム麻雀です。

こうやってトップを取るんです。

さて、答え合わせをしましょう。

何の答えを合わせるんでしょうか。

何か確認したい事があれば、各々で確認してください。

私は、何にも確認する事は無いです。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2017101223gm-0029-0000-7fed24c2&tw=1
※南4局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

三色と違って、一通の場合はターツが足りていないと、見落としがちです。

何故かというと、今回のような形だと、9pが不要牌に見えてしまうからです。

確かに、普通のメンツ手ではそうです。

しかし、一通を狙う時には、かけがえのない9pなのです。

思い込みを疑うような習慣を付けて、麻雀に臨みましょう。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5