麻雀講座

役牌バックでカンができる時はリンシャン狙いでカンするべき

更新日:

麻雀の上級者になると、「カン」に関して、非常に消極的になります。

確かに、手牌がバラバラな時には、カンをしない方が良い状況が多いと思います。

しかし、自分の手牌が良い時で打点向上が見込める時や、聴牌している時には非常に優秀な選択の場合が多いです。

特に、片上がりの聴牌や、形テンの場合には、積極的に行うべきです。

今回は、その中でもよく直面する「役牌バック聴牌時のカン」について、説明します。



役牌バックの片上がり

この2pは、もちろんポンですね。

役牌バックのために、一牌も逃しません。

「役牌を鳴いてから!」とか言う人もいますが、明らかに間違いなので、絶対に鳴きましょう。

実際に、私も鳴きました。

そして、聴牌を取れるこの牌が出てきました。

この1mも、もちろんポンですね。

これを鳴かない人はいないと思います。

これで、5pと中の聴牌です。

役があるのは、中だけです。

そこに、こんな牌を引いてきました。

この2pをカンするかどうかが、今回の本題です。

上家の親が鳴いていて、恐いですか?

対面と下家からのリーチが、恐いですか?

いえ、恐くないです。

カンします。

そして、赤5pをツモりました。

これで、マンガンの上がりになりました。

私が言いたい事は、「5の場合は赤があるからカンが得」という事ではありません。

リーチも入っていなくて、この巡目であれば、上がりが最優先という事です。

上家も親ですが、1フーロなので全く恐くないです。

牌譜: http://tenhou.net/0/?log=2017011302gm-00a9-0000-3c926d86&tw=1
※東1局1本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

上級者の方は、上手ぶる事が多いです。

特に、「カン」は嫌われる傾向にあります。

しかし、このような場合は、積極的にカンをしましょう。

このようなカンは、23mで4m待ちのタンヤオの聴牌時などでも、非常に有効です。

まあ、基本的に、加槓は、しない方が良い状況の方が少ないです。

特に、序盤の加槓は、迷ったらして問題ないです。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.