麻雀講座

満貫のイーシャンテンでも3メンチャンからチーするべき手牌もある

面前で満貫のイーシャンテンだと、ほとんど鳴きませんよね。

ダイアグアム麻雀でも、基本的には鳴きません。

しかし、他家の仕掛けも考慮すると、そういう手牌でも鳴かないといけない状況があります。

今回は、そのような例を紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。



下家が役牌を鳴いている

この3pをチーしますか?

トンパツです。

面前だと、ほぼ満貫あります。

しかも、3p6p9pの3メンチャンの部分です。

この3pは、

鉄チーですよね。

下家が役牌を鳴いているので、ドラまたぎの5p8pを切りたくないからです。

また、2pを切っていますが、ドラの6pを使い切るために、カン5p固定にした可能性もあります。

こうすれば、下家に鳴かれないように、タンヤオの聴牌に向かえます。

また、放銃に関しては、対面にも危険なので、理にかなった鉄チーです。

結果論です。

7mを引いてきました。

タンヤオ狙いなので、当然1pを切りました。

次に3sを引いてきました。

これもタンヤオで使えるので、当然1pを切りました。

すると、ドラの6pを引いてきました。

絶好のドラ引きです。

これで満貫になるので、面前での満貫を捨てた甲斐があります。

問題は、ここで何を切るかです。

この6pは、対面に非常に危険牌ですし、下家にも鳴かせたくないので、使い切りたいです。

また、4mが今通ったばかりで、4m7mは非常に薄くなっています。

ここで切るべき牌は、

7mですよね。

ここで切らないで、聴牌した時に切って、下家に放銃したら馬鹿みたいですから。

また、8m単騎になった時に、少し上がり易くもなります。

すると、7pを引いてきました。

先ほどの狙い通り、ここで切るべき牌は、

3sですよね。

この8m単騎は非常に上がり易いです。

下家の手出しの9mが少し気になりますが、山に2枚ある可能性が高く、ツモったら全員切る可能性が高いです。

いわゆる絶テンです。

結果論です。

結果論です。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019021214gm-0029-0000-2db96d46&tw=2
※東1局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

「麻雀」でKindle Unlimited検索

まとめ

今回は、たまたま対面に3sで放銃してしまい、たまたま下家は5pや8pを欲しがっていないどころかピンズを1枚も持っていない例でした。

私は、全く後悔しておりません。

100万回やって、100万回同じように打ちます。

たまにいるんですよね。

こういう例を見て批判してくる人が。

そういう人には、こう言ってあげましょう。

「結果論です」と。

引っ越し先

現在は、上記のマガジンで更新中。

月額500円で、読み放題。

更新頻度、高いです。

-麻雀講座

© 2021 ダイアグラム麻雀 Powered by AFFINGER5