麻雀講座

とりあえず様子見?逆転するために捨てなければいけない面前もある

更新日:

オーラスで、逆転をするために、打点を作らないといけない時ってありますよね。

ダイアグラム麻雀でも、もちろんそういう場合はあります。

多くの人は、打点を作るために、過剰に面前に頼ってしまう傾向があります。

しかし、面前に頼り過ぎると、結局聴牌できなかったり、聴牌止まりになる場合が多いです。

ダイアグラム麻雀では、面前に頼り過ぎないで、効率良く打点を作りに行く戦略を取ります。

今回は、そのような戦略を取った例を、ご紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。



オーラスで2着目

何を切りますか?

現在、オーラスの2着目で、ラスを引く可能性は低いです。

トップ目の親がベタオリしても、満ツモでトップになれる状況です。

ここで切るべき牌は、

4pですよね。

いくら満ツモで逆転できるとはいえ、リーツモ赤裏を狙うべき手牌ではないです。

皆さん、「チャンタ」ってご存知ですよね。

実は、この状況、6400点の直撃でも逆転できるんです。

そして、暗刻が一つあるので、リーチチャンタで聴牌した時に、出上がりが6400点になる可能性が高い状況です。

皆さん、「迷彩」ってご存知ですよね。

実は、ここで4pから切る事で、3pが出上がりし易くなるんですよ。

対面から切られた東をカンしますか?

鳴くと、リーチチャンタは狙えなくなります。

その代わりに、チャンタドラドラで、6400点になる可能性が出てきます。

例えば、9mをポンした場合でも、6400点になります。

しかし、いくら6400点を作っても、ドラの白待ちなら、トップ目が切る可能性は、ほぼゼロです。

この東は、

鉄カンですよね。

別に、ドラの白待ちになる前に、白がトイツ以上になる可能性もあります。

また、カンドラが何かしら乗れば、仮に白待ちになっても、ツモれば逆転できます。

カンをしない理由がないですよね。

ドラ4ですよね。

あとは、適当にチャンタを作りに行くだけです。

白がトイツになったらラッキーです。

上家から1mが切られました。

鉄鳴きですよね。

9sを引いてきました。

9pを切りました。

上家から7sが切られました。

鉄鳴きですよね。

対面からリーチが入りました。

鉄ロンですよね。

皆さん、「デバサイ」ってご存知ですよね。

さて、あの東をカンしていなかったらどうなっていたのか、確認してみましょう。

9mが裏ドラだった事は確認しました。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019050514gm-0029-0000-9c424d4f&tw=0
※南4局0本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

逆転をするためには、打点が必要な場合が多いです。

しかし、その時に面前にこだわると、聴牌率が非常に悪くなります。

打点が確定していなくても、待ちが悪くなりそうでも、聴牌に向かう事が大事です。

さらに、今回のようにカンであれば、カンドラによって、打点ができる可能性もあります。

様子見なんて存在しないんですよ。

人生にも、麻雀にも。

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.