麻雀講座

目の前の面前聴牌やタンヤオを捨ててまで一通を狙うべき手牌もある

更新日:

ある色で、2メンツ以上ある時に、一通が見える時ってあるじゃないですか?

しかし、少し頑張れば面前で聴牌できるので、面前固定にしてしまう方が多いです。

また、仕掛けが多い人でも、タンヤオで聴牌できそうなのに、それを否定してまで一通を狙う人は、非常に少ないです。

この記事では、そのような手牌にも関わらず、一通を狙うべき手牌を紹介します。

それでは、実際の牌譜を用いて、説明します。



片上がり残し

上家から2mが切られました。

現在、2メンツあり、面前でも捨て牌の2段目には聴牌しそうです。

これを鳴かなくても、タンヤオで鳴いても聴牌できそうです。

これを鳴きますか?

鉄鳴きですよね。

面前で、捨て牌の2段目に聴牌とか、遅過ぎますから。

そんなの話になりません。

この2mを鳴かないで、後でタンヤオで鳴く場合でも、聴牌は相対的に遅くなります。

どうせ1000点なので、最速聴牌を目指して、2mを鳴いて一通を目指すべきです。

上家から9mが切られました。

当然、鳴きます。

そして、聴牌しました。

そして、対面から3pが切られました。

立派な1000点の上がりです。

さて、あの2mを鳴かなかったら、どうなっていたのかを確認してみましょう。

鳴かなかったら、裏ドラの7sがトイツになっています。

おめでとうございます。

牌譜:http://tenhou.net/0/?log=2019020122gm-0029-0000-a9454689&tw=0
※東2局1本場

「麻雀の戦術本」読み放題

Kindle Unlimitedでは、多数の麻雀戦術本を、月額980円で読む事ができます。

代表例を、いくつか紹介します。

ウザク本1」「ウザク本2」「福地本(各種)」「「統計学」のマージャン戦術」「麻雀AI戦術 人工知能「爆打」に聞く必勝法」「ゼロ秒思考の麻雀」「論理的思考で勝つ麻雀(中嶋 隼也)」「現代麻雀の秘技 相手に対応させる技術(平澤 元気)」「夜桜たま×朝倉康心 に学ぶ現代麻雀

Mリーグ関係の本も、豊富です。

麻雀の失敗学(朝倉康心)」「スーパーデジタル麻雀(小林剛)」「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~(石橋 伸洋)」「麻雀IQ220の選択(勝又健志)」「二階堂亜樹の勝てる麻雀の基本」「滝沢和典の麻雀読みの公式」「最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀(近藤 誠一)」「麻雀が強くなるための心と技術(魚谷侑未)」「多井熱」「初代Mリーガー松本のベストバランス麻雀」「ゼウスの選択 デジタル麻雀最終形(鈴木たろう)」「麻雀プロMリーグ選手名鑑

また、こんな物もあります。

仕事が麻雀で麻雀が仕事(藤田晋)」「麻雀力が目覚める打ち方(桜井章一)」「「運」を育てる 麻雀界の異端児 土田浩翔の流儀

「麻雀」でKindle Unlimited検索

※2020/2/9現在なので、加入される前に、その本があるか確認してください。

まとめ

多くの方は、面前かタンヤオの片方以上が、大好きでしょうがないです。

私も、タンヤオはかなり好きです。

しかし、手役はあくまでも手段なので、こだわり過ぎてしまうのは駄目です。

一通を目指す鳴きは、面前もタンヤオも捨てる事になるので、かなり抵抗があるかもしれません。

しかし、その壁を越えたところに、新しい景色があるのは間違えありません。

超えてみませんか?

管理人はどんな麻雀?

私は、「ダイアグラム麻雀」という新しい麻雀の戦術を提唱しています。

これは、「初心者でもすぐに強くなれる戦術」です。

私のnoteには、無料の記事も、たくさんあります。

それらを読んでいただければ、どのような麻雀か、理解できると思います。

-麻雀講座

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.