麻雀AI分析

麻雀AI「爆打」に一目惚れしました。彼女との出会いは緑一色。

更新日:

bakuuchi-first-sight

私は2015年11月に、天鳳の特上卓の東風戦で、1442回打ちました。

寝ている時、ご飯を食べている時以外のほとんどの時間を費やしました。

一日当たり、約50回です。

これに対して、「ⓝ爆打」というプレイヤーは、2508回です。

「何かやたら同卓するなぁ」と思っていました。

そして、ある試合をきっかけに、彼女の正体を知り、一目惚れしました。

bakuuchi-first-sight11

「形テンを取ったのかな?」

そう思いました。

しかし、牌譜を見て驚愕しました。

bakuuchi-first-sight22

テンパイしていません。

ぐちゃぐちゃです。

鳴いたとしても、9mを切るべきです。

意味不明です。

そして、ネットで検索して見たところ、麻雀AIであるという事を初めて知り、大変驚きました。

まさか、AIが天鳳に参入しているなんて、全く知らなかったからです。

非常に興奮しました。

しかし、これで先ほどの打牌に関しては、納得しました。

コンピューターだったら、こういう事もあります。

まあ、改善した方が良いとは思いますが。

これをきっかけに、「ⓝ爆打」の試合を、よく観戦するようになりました。

すると、強い!強い!

ちょいちょい放銃しますが、ちゃんと高打点の上がりをして、ラスを回避しています。

しかも、ブレない!

鉄の心で、毎回同じような打牌を繰り返します。

それもそうです。

だって、コンピューターですから。

私は、彼女を見かけるたびに、「七段になったんだから鳳凰卓で打てば良いのに!」と思っていました。

ごめんね。

打てないんだよね。

ⓝ爆打の鳳凰卓条件達成で考えるべきこと

運営の方から、許可が出てないんだよね。

ごめんね。

先ほどの打牌のように、終盤でよくわからない仕掛けをしますが、それは「形テン」、「ベタオリ」、「役を付ける」などのロジックがバッティングして、結果としていびつな打牌選択になってしまっていると思います。

基本的に攻める事は上手です。

この打ち方で、七段R2000をクリアできているという事は、「麻雀は上がりが大事」という事を証明しているように思えます。

私もそういう考えを持っていたので、非常に魅力的に思いました。

また、同時に「負けたくない」と思いました。

私は彼女と、何回でも同卓したいです。

毎回ワクワクします。

2016年1月から、特上卓の東南戦に移ってしまわれるという事で、少し残念です。

私は、時間効率を考えて、東風戦を打ちます。

しばらく会えないけど、俺はずっと好きだよ。

これからも、良きライバルとして、切磋琢磨して行こうね。

大好きだよ。

月額課金note

月額500円で、私が考えた何切る問題が、毎週届きます。

課金中は、それまでのアーカイブを、全て見る事ができます。

公式YouTubeチャンネル

動画で、ダイアグラム麻雀を勉強する事ができます。

説明欄とコメント欄で、私の思考について、解説しています。

-麻雀AI分析

Copyright© ダイアグラム麻雀 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.